59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
2008年~現在 225先物・オプション
2009年07月22日 (水) | 編集 |
2007年2月に破産し2度目の退場を喫したデリバティブ取引
オプション取引では400万円
225先物取引では600万円超
合計1000万円超を投入しそのすべてを失ってしまった

ここでもう諦めてしまうのもひとつの方法だろう
そう考えるのが普通だとも思える

オプション取引はとりあえずしなくてもいい
しかし先物取引に関しては諦める気にはなれなかった
理由は先物取引には個別株にはない利点があるからだ

大きな理由は次の2点
「倒産リスクがない」
「十分な流動性」

細かな点では他にも色々あるがこの2点だけでもとても魅力的な商品だと言える
特に流動性に関しては個別株ではいつも苦労していた部分なのでその事を考えなくてもいいだけでもありがたいと思う

2008年10月
懲りずに取引を再開
3度目の挑戦である今回の投入資金は計230万円
ここ数年は株式投資でもジリ貧なので資金に余裕はない

現在で約10か月経ったが毎日取引していなかったので取引回数はまだ少ない
合計取引量は225先物ラージ換算で80枚ほどである

しかしながらやはり勝てない
損切りの実行が遅い時もあるが今回は利益が伸びていない事が原因だと思われる
負け続けた記憶が強烈でホールドすべき時でも怖くてすぐ手じまいしてしまう
結果小幅な利益で終わる事が多い

直近の安値は2009年6月29日(月)で残高は105万円
現在の残高は133万円

安値からは少し戻しているがジリジリと残高は下落の只中である事は確か

これで投入資金の総額は1250万円
今から1100万円以上勝ってやっと損益ゼロである
果たして取り戻せるのか・・?

無謀とも言えるこの挑戦
客観的に見て取り戻せる可能性は低い事は十分承知している
しかし例え可能性が低くても「諦めなければ可能性は決してゼロにはならない」
この言葉を胸に日々相場に向かいたい

出来るか出来ないか?
そんな事は知らない

ただ自分を信じ必死に考えそれを実行するだけ
ただそれだけ・・
2006年・2007年 225先物・オプション
2009年07月21日 (火) | 編集 |
証券会社は言う
「オプションの買いは損失は限定されるが利益は無限大である」と
初心者を呼び込むには分かりやすくそして魅力的な文句である

それは確かに事実である
しかしその裏には「勝つ可能性は極めて低い」いうリスクが存在していた
こんな簡単な事に気が付かず取引を始めた自分が100%悪いのだ

1度目の退場をしたが実は資金繰りには全く困っていなかった
2006年の前半は株式投資の方が順調で資産残高は大幅に増えていたからだ

しかしもうオプション取引には手を出さなかった
もっと分かりやすく単純明快な取引である日経225先物取引に狙いを定めた
225先物でも十分に利益率は高い
しかもオプションとは違ってロング、ショートとも確率的には2分の1で公平
株式投資では出来るだけ売買を単純化させる事で利益を出していたので、225先物の方が取引形態が近く勝てる可能性も高いと思ったのである

2006年1月、100万円を投入した
今度は最初のうちは上手くいっていた
たった2週間くらいで残高は300万円近くに達していた
レバレッジの「うま味」を感じつつ「これは行けるカモ・・」と思っていた

しかしそこからは一進一退で資金は増えなかった
そうこうしているうちに自分の欠点が少しずつ露呈されてきた
コツコツ稼いでいても時々ドカンと負けるのである

理由は損切りの実行を躊躇いホールド
薄い望みに賭けて翌日に持ち越すが結局ポジションとは逆に大きく持って行かれ大損失に
そんなトレードの繰り返しだった
それでもオプション取引に比べれば資金の下落傾向は緩やかだった

資金が減ればやる事はいつもの愚行
運が良いのか悪いのか株式投資では勝ち続け資産残高は1億円を超えていた

資金投入も大盤振る舞い
2006年3月に100万円
2006年8月には更に400万円
これで2006年は合計600万円投入した

株式投資と同じような感覚でやっていればレバレッジの大きい先物取引では必ずやられる
頭では十分過ぎるほど分かっていた
しかしいざ損切りの瞬間になるとなかなか実行にうつせなかった
「もう少し、もう少ししたら反転するかも・・」と損切りが遅れた
ダメだと分かっていても出来なかった
甘い期待がどうしても抜けず同じような失敗は繰り返され続けた

そんな調子で2007年に
ジリジリ負け続けて資金も200万円くらいになっていた
日々もがき苦しんでいるそんな時、最後のとどめとなる痛恨の一撃を喰らった

2/28(水)、ロング4枚を持っていたがいつもの様に損切りをせず持ち越し
翌日急落で大損失
何と550円も反対方向に持って行かれた
550円×4枚で -220万円
証拠金をすべて失い、更に24万円の不足になり破産
レバレッジの「怖さ」をまざまざと見せつけられ2度目の退場を余儀なくされた
2003年~2005年 225先物・オプション
2009年07月20日 (月) | 編集 |
2003年に税制が変わった事を契機に株式投資の短期売買を本格的に始めた
最初は上手くいかなかったが上昇相場の始まりとともに少しずつ利益が出るようになっていった
投資の本を読んだり証券会社のセミナーに行ったりもした
色々と知識が増えていく中でデリバティブ取引にも興味を持つようになった
そして最初の売買に選んだのは日経225オプション取引
理由はとても単純
勝った時の利益率の高さ
株式投資に比べれば桁違いである
今思うとリスクもあまり考えずにただそれだけしか見ていなかった気がする

権利の売買であるオプション取引は失敗すればいとも簡単に投入資金がゼロになる
その株式投資とは比較にならないほどのリスクをよく理解せず単に儲けたいという欲望だけで売買していた
もちろんそんな奴が勝てるはずもない
やればやるほど負け続けて資金は下落の一途
負けている奴の愚行のひとつに「入金」という行為がある
勝つために知恵を絞るというよりも「入金」で残高を維持しようと金策に奔走する
不毛で愚かな悪循環を繰り返していた

2003年に200万円
2004年に更に200万円、合計400万円を投入した
しかし2004年の年末の残高は何と約1万円であった

2005年には権利行使価格を大きく下回ったアウト・オブ・ザ・マネーのコールを買いその1万円をも使い込む
このコール買いなどは資金の費えたギャンブラーがもう取り返す事は不可能である事は明白なのだが、持ち金すべてが無くならないとやめられないあの心理状態と同じである

自分は本当に最後まで単に欲望だけで行動していた
2003年に初めてオプション取引に手を出し、そして2005年には資金がなくなり1度目の退場に至った
2008年を振り返って
2009年03月31日 (火) | 編集 |
やはりこの反省をしないと始まらないと思い去年の事を書こうと思う


ブログを休止する直前まではとても調子が良かった
まだ始まったばかりの2008年の収支は+3300万円
年始の残高は3310万円スタートだったので絶好調だった
休止直前の残高は6280万円であった

休止前後の事をちょっと詳しく・・

1/31(木)
過去記事にもある通り2497NGIを空売りしていた
株数は330株
その日は特に方向感も無く少しの含み損で終えた

2/1(金)
NGIは思惑通り下落傾向だったので更に追加の空売りを断続的に建てていた
そんな最中に例の「傷だらけの剣士=私」の封筒が突然やって来た

私は正直めちゃくちゃ焦った
今は取引をしている真っ最中
ただでさえ取引額は大きく建て玉は1億~2億円動かしている
ちょっとした事で何十何百万円もの損益の差が出る世界
しかし自分にはブログをどうするかもすごく大事で、その事をとりあえず置いて取引に集中するという器用な真似は出来なかった

私は取引をしながらブログをどうするかも必死に考えた
しかし同時進行なので頭は回らず心臓がドキドキし冷や汗をかいた事を今でも鮮明に覚えている

長らく続けていたブログを出来るならこんな形でやめたくはなかった
やめたら今まで見ていてくれた方々、わざわざコメントをくれた方々との決別を意味する
それを考えると何かとても大事なものを失うような気がした
しかしどう考えても一旦は休止するしか手立てはないと思った

そうこうする内に大引けになり取引は終了した
追加の空売りは600株エントリーした
これで合計930株
結局NGIは下落したので2/1(金)の含み益は約+560万円だった
一応トレードの方はいい感じで終える事が出来た

そしてすぐに「休止」の記事を書いた
書きながら寂しさや残念さを感じながらもこれからは自分一人でやっていこうと決意した
「ブログを休止しても特に自分は変わりはない・・」
その時はそう思っていた
しかしそれが地獄の入口である事は知る由もなかった

2/2(土)
このブログは一旦休止した
そしてその翌週月曜日の取引から信じられないような連日の大損失の日々が始まった

2/4(月)
NGIは意に反して上昇して始まり強かった
本来ならさっさと手じまいすべきところだが手じまいをしなかった
ずっとジリ高で含み益から含み損に変わった
さすがに限界を感じ1/31(木)に建てた330株だけは損切りした
しかしすぐに再度250株の空売りをした
これは欲に取りつかれている単なるナンピン
今考えても本当に雑な取引だ
しかも大引けが近づいても損切りを躊躇った
そして合計850株は含み損のまま持ち越してしまった
実に-640万円の含み損の持ち越しだった

2/5(火)
全力に近い状態でしかも大きな含み損を持ち越したので精神的に余裕は全くない
少しの値動きであたふた・・
前場、NGIは寄り付きすぐに若干上昇した
そこでもう怖くなり何も考えずにすべて損切りをした
そしてそれはほぼその日の高値であった
その後程なく下落に転じ前日比マイナスまで下落した

今思うとありがちなストーリーだ
そして情けないくらいの典型的な悪い取引だった
2/4(月)と2/5(火)の損失だけで-980万円
更にそれで終わらないところが株取引の怖いところ
そんな大損失を喰らう奴は知らない間に焦燥感に取りつかれている
早く損失を取り戻したい欲望が無駄なエントリーを生み、更なる損失の恐怖が放置すれば利益増大に繋がる株をも早々に手じまわせる
その後の自分にも顕著に表れた

買えば下がり、売れば上がる
利食いは小さくなり、損切りは大きくなった

ブログ休止直後の週損益は・・
2/4(月)~2/8(金)  -1720万
2/11(月)~2/15(金)  -740万
2/18(月)~2/22(金) -1050万

たった3週間で約-3520万も失った
そして2008年の収支も一気にマイナスへ転落

前途洋々で迎えた2008年2月
しかし実際は地獄の1ヶ月となってしまった


大きな含み損での持ち越しは2003年~2004年の頃は時々していた
しかしその危険性を知りブログを書くようになった2005年以降はしないようにした
特に勝ちだした2005年8月以降は絶対にしないようにした

含み損になったら出来るだけその日に手じまう事
大きな含み損の強制手じまいは自分の中での絶対ルールだった
それなのにブログを書かなくなった正にその日から破ってしまった

「今ルール違反をしても誰にも何も言われない」
「それに違反をしても今さえ乗り切れば別に何の問題もないんじゃないか」

この考えは今までブログに書き続けた自分の信念をねじ曲げる考えだ
ただただ損切りをする事を避けたくてそんな愚かな考えに至ってしまった
何をしても誰にも何も言われない自由な状態に「自制心」のタガが緩んでしまった

税金がいくらか還付され結局2月末の残高は3000万円
それから1100万円を出金し残高は1900万円になった

その後の取引量は激減した
全く取引をしない日が続いた時もあった
私はトレードに一番大切な「心」を失ってしまったのだ

今までどんなに負けても自信は失われなかった
しかしブログを休止した途端に規律なき行動に走ってしまった自分にほとほと嫌気がさした
唯一信じるべきは自分自身だと思っていたのに、その自分の事が信じられなくなった
私は一体何を信じたらいいのだろうか・・
茫然自失とは正にこの事を言うのだろうと思った
損失額もさる事ながら失ったものは途轍もなく大きかった


自分の事が信じられなくなりやる気も失われた
2008年3月からは毎月の取引回数はすべて10回以下
それでも完全にはやめず少し取引しては負けて休む日々が続いた

遊んでいても毎日が何か物足りなくつまらなかった
心が沈んでいるというか、負け犬状態である自分が情けなく何をしていてもつまらなかった
そしてこのままではいずれ朽ち果ててしまうと思い一念発起して今年から毎日取引を始めた
しかしながらなかなか勝てず苦しい日々が続いている

そして今
何とかこの状況を脱したいと思い、先ずは今のこの苦境を導いた2008年の2月の出来事を洗いざらい書いてみた
久しぶりに去年の取引明細を見ながらその時を振り返って書いた
思い出したくもない過去だが反省のために書いた

かつて1億に行った事があるからと崇めてくれる人もいる
しかし自分が如何に未熟者であるかは上記の通りである
本当に今まで一体何を学んで来たかと思うほど自分はまだまだなのである


明日から新年度
過去の反省をして気持ちを新たにするにはちょうどいいタイミング
株式投資は何度失敗しても復活できるところが急所だと思うので、また明日から日々真剣に頑張ろうと思う

最後に自分が今までこのブログに、そしてこれを見ていてくれる方々に如何に助けられていたかを痛感した
だから皆様に感謝したいと思う

「皆さん、ありがとです」 m(__)m
See you later!
2008年02月02日 (土) | 編集 |
皆様
非常にたくさんのコメント本当にどうもありがとうございます
ちょっとマジで感動しています
今回は一つ一つお返事が出来なくて大変申し訳なく思います

昨日は自分にとって正に青天の霹靂でした
まさかこんな形で終わろうとは夢にも思いませんでした

これを最後に皆様とお別れは非常に辛いです
コメントの数々を読んで心からそう思いました

それに3年以上も使っているこのブログにも非常に愛着があります
名前もタイトルも大変気に入っていて変えたくないです
でももう「傷だらけのトレーダーBlog」「傷だらけの剣士」という名前で皆様とお会いできる事は事実上不可能です

私自身にとってこのブログは本来なら絶対知りえない色々な方々と会話が出来て楽しいだけではなく自分のトレードにも非常に役立っています
なのでブログはやめたくはありません

今はもう朝ですがどうしようか約半日考えました
やはり皆様とお別れだけはどうしても避けたいです
なのでこの際「傷だらけの・・・・」の名前は捨てます
未練はありますが背に腹は替えられません・・

という事で後日名前もタイトルもアドレスも別のブログで復活します
もちろんそれだけでは私のブログとは分からないのでタイトルだけ先に決めておきます
自分の一番好きな言葉「意思あるところに道がある」をブログタイトルにします

復活の時期ですがちょっとほとぼりが冷めるまで時間を置きたいので今年の4月にします
春になったら「意思あるところに道がある」「株」等で検索かけてみて下さい

自分の名前はまだ何も考えていないのでこれからゆっくり考えます
どこのブログ会社を使うかも全然決めていないので使い勝手等ご存知の方は良かったら教えて下さい

という事で・・
1、明日2008/2/3(日)夜このブログは閉鎖します
2、4月になれば「意思あるところに道がある」のブログタイトルで復活します

勝手ながらそう決めさせて下さい
ご理解お願い申し上げます <(_ _)>


最後に私の目標を書きます
去年の8/24に自己最高値の10分の1である1660万まで落ちた時にこんなコメントを貰いました

一年後を楽しみにしています。
きっと去年を越えていると思います。
2007/08/24(Fri) 22:24


この言葉を胸に一生懸命頑張る
それが今の私の目標です

では皆様
春にまたお会いできる事を心から楽しみにしています
それまでこの荒れ相場を必ずや凌いでやりましょう!
頑張るぞー!
おぅー!!
休止
2008年02月01日 (金) | 編集 |
突然ですが今日でブログの更新を休止します
というのは今日昼頃ネットマネーから封書が来ました
その封書に住所と本名そして「傷だらけの剣士」と書かれていました
ポストからその封書を身内の者が私に持って来てくれました
もちろんその宛名を見ています
そう、私が「傷だらけの剣士」という事が知られてしまったと思われます(まだ推測の範囲ですが・・)
私はこのブログの存在を知っている者は周りには誰もいないので資産残高も書けたし感想等も本音のまま自由に書けました
言わば私的な日記です
なのに身内の者にこの存在を知られてしまったならもう自由に書く事は出来ません

私の周りの人間はごく普通の生活をしています
このブログを見れば私の残高が1日で1000万や2000万が動く事を知ってしまいます
普通の人からすればそれは驚愕の世界です
私はこの世界に生きて未来の不確かさの怖さを嫌という程知っているのでどんなに激しい残高の変化があっても実生活には何の影響もありません
1日で+1000万円になろうが別に普通です
しかし普通の人は思いっきり一喜一憂してしまうでしょう
私の負けが続けば恐ろしくなっていらない心配をかけてしまうでしょう
残高を隠して書いても大体分かってしまいます
そんな事が想像できるのにこのままこのブログを続けられません

このブログは私がどん底に落ちている時から続けています
どんなに大損してもどんなに苦しい時でも敢えてブログを書く事をやめず自分の失敗を見つめ直すために続けて来ました
私のトレードに対するほとんどすべてが書かれてあると言ってもいいです
だから自分でもとてつもなく愛着があります
こんな事で終わらせる事は本当に心苦しいです

ネットマネーを発行している廣済堂出版が非常に腹立たしいです
封書の意味を理解していないなんて悲しいです
抗議の電話をしようかと思いましたがもう知ってしまった事実は変えられないですし無駄な労力を使う事はやめておきます

一応まだ「傷だらけの剣士=私」という事が分かったというのは推測の範囲です
何の事だか分かってないかも知れません
そしてこれから一緒にスキーに出かけます
帰ってからPCで「傷だらけの剣士」を検索されたら一発でわかってしまうので2/3日(日)の夜帰って来たらとりあえずこのブログをプライベートモードにして自分しか見られないようにします

そのスキー旅行の間に分かっているかどうか何となく探ってみます
もしかしたら上手く行って後日再開出来るかも知れません

最後にこのブログに来て下さった方々
そしてコメントを書いて下さった方々
色々と言葉のやり取りはとても楽しかったです
ブログでしか味わえない双方向という醍醐味を思いっきり堪能させて貰いました
心からありがとうと言いたいです

それではこの先どうなるかはまだ分かりませんが一旦さようならです
また会える事を心から願っています

        2008年2月1日  傷だらけの剣士
リベンジ 確定申告
2007年03月17日 (土) | 編集 |
確定申告はもう3回目なので慣れたもの
早く済ませた方が税務署も空いているので今年も受付が始まった2月中にさっさと済ませた
要領も分かっているし特に問題なくあっけなく終了した
所得税額は約460万円
即日収めてきた
現金で渡して職員さん2人に別室で数えてもらった

それにしても・・
それにしても・・
ぁ~ぁ、すっきりした!!

思えば長い道のりだった
2004年分の大損失繰越の確定申告をした時は本当に情けなかった
(その時のブログ)

いつか必ず・・
必ずその損失を埋めたい!
そして思いっきり税金を払ってやりたい!

そんな事を心から思った瞬間だった
その思いがこの時成就したのだから感慨ひとしおだった
その時のブログのコメント欄にも書いたが税金を払えるって事は実はハッピーなんだと初めて感じた
税金を払う事がハッピーだなんてそんな事をそれまでは考えもしなかったがその時は本当にしみじみ感じた
税金を払うという立場、即ち勝者の証し
正に喜ぶべき立場だったんだ

これを見ている税金を払う事を嫌がっている人!
税金を払う義務があるあなたはハッピーですョ
完全なる勝者です
損失の繰越をする惨めな姿を想像してください
それに比べればあなたはなんと幸せな事か・・

私も今はハッピーだがこれがこれからも続くかどうかは甚だ疑問だ
もう数ヶ月ほど資産残高は下落トレンドを描いている
それに株とは別勘定の先物取引は毎年負けていて現在損失繰り越し額は合計で700万円程ある
本当に問題山積状態だ

しかしそれでも心から勝ちたいと望み、必死に考え、そしてその考えた事を自制心でなんとか実行していこうと思っている
未来なんてどうなるか誰にも分からない
分からないけど自分の「意思」というものに何らかの影響があると思う
未来が「意思」という刺激に対してわずかでも屈性を示すならそれを利用したい
それを心の支えに今年も頑張っていこうと思う

来年の確定申告時もハッピーであるためにも・・
あれから1年・・
2006年08月02日 (水) | 編集 |
去年の今日、残高は59万円
過去最安値を更新した日でした
一時2700万円あったのですから実に-98%
まさにどん底でした
しかし失意のどん底ではありませんでした

去年の8月2日のブログ
実を言うとこの日の残高の安値更新は意図的でした
確かに書いた通りその日に激しい値動きをしていた6131浜井産業に飛びつき失敗しました
買ってすぐに下落
上昇を待ってホールドしていても空しく更に下落
そして後場後半になってもう無理だと諦め損切りをしようと決意しました
その時すぐ損切りしたら確か残高は63万円くらいだったと記憶してます
しかしわざと損切りを遅らせました
上昇を期待して遅らせたのではありません
更なる下落を期待していました
そう、更なる損失拡大を期待していたのです

損失拡大を期待しているなんて狂気の沙汰ですね
失敗に次ぐ失敗でとうとう気が狂ったのではないかと思えます
しかしその行動の裏には私の強烈な決意がありました

それまでは値動きの良さから仕手株に飛びつき失敗ばかりしていました
値動きの激しい銘柄は自分は苦手と分かっていても早く損失を取り戻したい気持ちからやめられませんでした
そんな意志の弱い今までの自分に区切りを付けたくて残高の安値更新で誓いたいと思ったのです

それまでの安値は61万円でした
安値更新したいができるだけ損はしたくないので残高が60万円になるように計算機で売値を計算しました

しかし自分が買った銘柄が激しく下落している中で計算したので平常心ではなかったのは容易に想像できます
それ故に計算間違いをしてしまい残高は59万円になってしまったというのが紛れもない事実です

決意ならそれはそれで安値更新は別にいらないんじゃないかと思う人もいるでしょう
しかし今までの自分との決別の証が欲しかったのです
例えるなら自らの体を傷つけその血を持って誓いを書く「血判状」みたいなものです
その自分を変えたいという強い決意がそれ以後の成績に変化をもたらした事は間違いありません

8月2日・・
私にとっては忘れられない日です



○2005年8月2日(火)大引け後の残高
 596,150円

○2006年8月2日(水)大引け後の残高
 107,699,165円

○入金額
 0円

○出金額
 14,000,000円

○2005年8月3日~2006年8月2日の成績
 +121,103,015円

 +20,314% (204.14倍)



■最後に一言

○この1年間の自分を支えた言葉
 Where there is a will,there is a way.
 「意思あるところに道がある」

○これからの1年間の自分への言葉
 盛者必衰
敗者は鞭に打たれろ!
2006年06月13日 (火) | 編集 |
先日、日経ビジネスから取材を受けました
今日本屋に行ったらその本がたくさん積まれていました
タイトルは・・

日経ビジネス 総力編集
上昇か、下落か 今年下期を大予測!
V字銘柄で勝つ投資術


この雑誌の「復活の研究」の実録編で登場です
私の投資履歴が年表になってます
よかったらご覧下さい


取材の時に記者の方に去年は週刊SPA!で「カネ儲け至上主義にハマッた人々の悲劇」で取材された話しをしました
その時に「よく受けましたねぇ」と言われました

やっぱり負け続けている時って取材なんか受けたくないものでしょう
できればそっとしておいて欲しい
それなのにそんな負け組みの烙印を押すような取材をよく受けたと思われたのでしょう

でも私は全く違うとらえ方をしています
私は「敗者は鞭に打たれろ!」と思っています

敗者は非難されればいい
罵倒されればいい
笑われればいい

悔しいか?
なら這い上がってみろ!!
そう思ってます

負けた事を隠してどうする
現実を直視しないでどうする
逃げて何か得るものがあるのか?

ちょっと熱血っぽい言葉ですが私はそんな熱い人間ではないです
そう考える方が自分のためという打算です
敗者はどんな事でも利用するべきです
苦しいですがすべては勝つためです

私もこれから色々とピンチの時はあると思いますがこの心意気で頑張るつもりです
負けたままはイヤですから・・
本当にボロ儲けした12人のオリジナル株投資
2006年06月02日 (金) | 編集 |
先日雑誌の取材を受けました
それが今日発売になりました
シリーズの第4弾で、タイトルは・・

『別冊宝島1308 本当にボロ儲けした12人のオリジナル株投資

大体2~3時間くらい私の投資履歴や投資手法をお話したと思います
よかったら見てください


去年の4月にも一度取材を受けた事があります
週間SPA!でタイトルは・・
「カネ儲け至上主義にハマッた人々の悲劇」でした
完全なる負け組み投資家で登場しましたが今回は勝ち組みで登場です
負け組みと勝ち組みの両方で紹介された事があるのは自分くらいではないかと妙に誇りに思ったりします(笑


去年の時点で1年後に私が「勝ち方」を紹介する本などに載ると誰が想像したでしょう
もちろん私もそんな事を考えた事もありません
それが現実のものとなっています

人生何があるか分かりません
特に投資の世界では大いにそう言えます
もちろん日々の積み重ねが必須ですが1年でココまで変われるのです

それならば・・
それならば思いませんか?

「諦めずに頑張ってみようと・・」
大損失
2006年02月13日 (月) | 編集 |
さて今日は久しぶりの大敗にて反省を少し・・


~~~今日の大損失~~~

2538万→1928万

-610万 (-24%

ここまでの比率で損失を出した日は2005年8月2日以来だと思う
その日は奇しくも過去最安値をたたき出した日である

~~~前回の大損失~~~

79万→59万

-20万 (-25%

額は違えど比率はほぼ同じ
取引の形も買いで入ったあとドンドン下落し損切り出来ず引け際強制撤退とこちらも同じ

この2つの取引で自分の苦手なケースが良くわかる
いつもは「失敗だな」と思ったら少し戻した所で損切りをしていた
だけど少しも戻さず延々とじり安展開の値動きだと損切りするタイミングが掴めずズルズルとホールドしてしまう点だ

これを防ぐ方法は?
とにかく「失敗だな」と思ったあとは例え反発がなくてもある一定以上の損失を抱えてしまったらそこで強制的に損切りをする事
引けまで待たずに実行する事

この事を明日から必ず守ろうと思う
買いor空売りの判断ミスやエントリーのタイミングのミスは日常茶飯事
それはリスクを取る者として仕方がない
しかしたとえどんなミスを犯しても最後のセイフティーネットである損切りのミスだけは絶対に避けなければいけない

そして一気に取り戻そうとするのは厳禁
焦る必要は全くない
たとえ-610万円食らおうとも今月はまだプラスなんだし


今日はとても大きな失敗をしてしまった
もちろん取り消す事なんて出来ない
出来る事はこの失敗に学び同じ失敗を繰り返さないように心がける事のみ
もしこれからのトレードに生かせるのならば今日の失敗にも価値を見出せるであろう

以上の事を肝に銘じて今後のトレードに必ず生かしたい
テーマ:株式入門
ジャンル:株式・投資・マネー
真冬の荒れ相場
2006年01月21日 (土) | 編集 |
■以前ここで秋にカメムシを多く見るとその冬は大雪になるという「カメムシ予報」なるものがあると紹介したが、今年はバッチリ当たってる
昔からの言い伝えってやっぱり侮れない・・

■税務署から大きい書類が届いた
何かなぁと思って開けると確定申告の書類一式が入っていた
早っ!
てか書類送ってくれるなんて親切だね
去年損失繰越の手続きしたからかな・・?
既に名前や住所が記入されていて、8桁の番号まで記入されている
多分個人を特定する番号だろう
管理されているってわけね・・オレ

■昨日約定した確定益で2004年の損失はとりあえず埋める事ができた
損益は・・

2004年  -1612万円
2005年  +1051万円
2006年  + 798万円(1/20日現在)

となって2004年からの損益は現在+237万円である
でもこれは個別株の話だけで先物等は別
先物等のデリバティブ取引の損益はまだマイナス(-300万円くらい)

だからかもしれないが「損失を取り返した!」という達成感は全くない
不思議なくらいない・・
ただこれからの利益には10%の税金がかかるなぁというくらい

やはり目標である過去最高残高の2700万円にならないと達成感はなさそうだ
現在残高は1859万円
2005年8月の59万円から考えると「よくまあここまで来たものだ・・」と我ながら思う
目標までは金額としてはまだ結構あるが、比率で考えればもう少しと言ってもいいかもしれない
ただ最近は相場が荒れて来たのでココで踏ん張らないといけない
ココからがとても大事
気を抜かず進んで行きたい

■実は私スキーのインストラクターの資格を持っていて、先日所属しているスキースクールから連絡があり来週手伝いに行く事になった
トレード環境は携帯だけになるので取引するかしないか考え中

前回もこういう時があってその時も持ち株はあったが株価のチェックだけで取引はしなかった
今回はライブドアショックの影響や今朝のNYが大幅安で終わるなど相場が荒れそうな気配がプンプン・・
今の持ち越しポジションが空売りなのでまだ気楽だが、昨日ストップ高張り付きの銘柄だけにどうなるか全くわからない
なんとか上手く捌けたらいいが・・

昨日の値動きでは来週の日経平均は上昇かなぁと思っていたがNYがこんな下落をしたとなると話がかわってしまう
ちょっとヤバい雰囲気だ
来週は18日の安値15,059円を守る事ができるかが重要だろう
あと来週中には多分寄り付くであろうライブドアの株価がリアルタイムで見られないのが心残りだ・・


という訳でPCがないため来週のブログの更新はお休みします
月末には帰って来る予定です
ではでは皆様

Good luck!
テーマ:ひとやすみ
ジャンル:株式・投資・マネー
日経平均先物取引
2005年12月23日 (金) | 編集 |
2006年1月から日経平均先物取引を再開する予定です
2003年7月に初めて取引をしてからの成績を振り返ると・・

2003年 -145万円
2004年 -255万円
2005年   0万円

合計400万円つぎ込んで、先物口座の現残高は約1,000円くらい・・
パーフェクトにやられています(笑)
中身はほとんどがオプション取引の損失です
先物取引は数回しか取引していません

なぜ失敗したかは主に2点あります
1、ろくに研究もせず個別株と同じ感覚で取引していた点
2、一発当てる事ばかり考え値動きの激しいオプション取引で大勝負ばかりやっていた点

今考えると心底バカな取引をしていました
この頃は個別株で勝っていたので取引もいい加減に考えていた気もします
400万円も無駄にして本当にもったいないです

株式は2003年から損失を繰越せますが、先物・オプション取引等のデリバティブの損失は2004年からしか繰越が出来ません
また税率も株式とは違って優遇税率は適用されず利益に対して20%の税金です
今年の確定申告で損失繰越手続きをしてありますので、+255万円までは税金がかかりません
もちろん勝たないと何にもならないのでしっかりと対策を練って来年勝負したいと思います
テーマ:先物取引
ジャンル:株式・投資・マネー
誤発注の後始末
2005年12月13日 (火) | 編集 |

UBSグループ、ジェイコム発行済み株式の2.6倍保有と報告
 
みずほ証券が誤発注したジェイコム株をUBSグループが大量取得していたことが13日分かった。大量保有報告書によると同グループは8日時点で発行済み株式数の2.6倍の3万8198株を保有していた。みずほ証券が買い戻せなかった9万6236株の4割に相当する。1株91万2000円の現金決済でUBS証券とユービーエス・エイ・ジーの2社は計100億円以上の利益を上げたとみられる。

 UBSグループ以外ではモルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド、日興コーディアル証券グループ、リーマン・ブラザーズ証券グループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券グループ、野村証券がジェイコム株を保有していたことが判明している。

 一方、ジェイコム株の現金決済は13日、日本証券クリアリング機構と買い手の証券会社間で滞りなく終了した。14日の売買再開までに証券会社から投資家への現金受け渡しもすべて終える見込み。 (21:11)



発行済み株式の2.6倍保有!
「何のこっちゃ・・?」

こんな事が起きるなんてびっくりだな
株式会社のシステムをぶっ壊すような出来事
なんか珍しいものが見れたなぁという気分

テレビ等でこの誤発注の隙をついて利益を得た証券会社を批判するのを見た
そんな事をいうのは「真剣勝負」というものを分かっていない人間だと思う
勝負事で相手の一番弱いところを攻めるのは当たり前
サッカーでも戦国時代の城攻めでも一緒

政治家が立場上その行為を批判するのは分かる
でも投資の世界はみんな必死の世界
美しく勝てるならそれに越した事はないがそんな甘くはない
投資家がそんな事を言っていたら次は逆に自分が食われちまうよ
そう思った

しかしまぁUBSグループ・・
鬼だな・・
ジェイコム誤発注の件で思うこと
2005年12月11日 (日) | 編集 |
○なぜ発行済み株式以上の売り注文が出せるのか?

テレビ等では「警告を無視したために起きた単純ミス」などと言っている
でもそんな事よりも、そもそもなぜこういう注文が可能な状態を放置しておくのだろう?
個人投資家がネット証券で注文する場合なら絶対にありえない
こういう馬鹿げた注文が可能な限りまた同じミスが起きるに決まっていると思う

○なぜIPO初日に貸借銘柄でもないのに空売りができるのか?

これもなぜできるのか不思議だ
証券ディーラーや機関投資家などの豊富な資金がある人間だけが許される特権なのか?
もし株式の貸し借りなんかは自由なので、大株主から借りてきて売っているだけだという言い分なら、ネット証券の方々には早く一般信用取引等でIPO上場初日から空売りが出来る体制を作って欲しい


今まで株の世界はかなりの部分で「平等」だと思ってきた
年齢も性別も国籍も学歴も経験さえも関係ない
ただ勝って生き残ったたものだけが正しいと

それなのにこういう一部の特権階級がいる事が非常に腹立たしい
資金面や環境面に違いはあれども、機会(チャンス)は平等にあるべきだと思う
師走ですねぇ
2005年12月11日 (日) | 編集 |
■いやはや寒くなって来た
最近は毎年そうだが「暖冬」という予想が多い
でも今日の新聞に、秋にカメムシを多く見るとその冬は「大雪」とかいうカメムシ予報とかいうものがあるらしい
そして今年はカメムシが多かったので「大雪」カモという話だそうだ

なんとも非科学的で信憑性が低そうだ
しかしこういう昔からある言い伝えには意外なチカラがあったりする
何年も繰り返される歴史の中で自然と備わった知恵というやつ
あとから科学的に意味があったりする事もあるわけで、全く侮れないところもある
まあこの「カメムシ予報」がどうかは分からないが・・

■仕事先には「社員」「契約社員」「アルバイト」がいて、年齢層も10代~60代までいて結構年齢層に幅がある
そして休憩中はみんな同じ部屋でテレビを見たり雑誌を読んだりとそれぞれ息抜きしている

みんなの話のネタはというと、プロ野球やっている時は野球の話
土日は競馬
女の子はテレビ番組の「あいのり」とか恋愛話・・と大体こんな感じ

もちろんというかやっぱりというか「経済」や「株」の話は皆無
ライブドアとニッポン放送が話題の時も、楽天とTBSの時も、今回のジェイコムの時も・・

そんな休憩室の中で会社がとってる読売新聞の経済面をじーっと見て、そこに置いてないので時々買って持ってきた日経を読んでる自分はどう考えても「変わり者」の部類に入るなぁ~と思う(笑)

■そんな変わり者のワタクシでございますが見た目は若く見えるらしい
年齢より下に見られる事が多く、新しく入った人にはよく大学生に間違われる
実際は30代前半のいわゆる団塊ジュニア世代なのに・・

■今日はNHK大河ドラマ「義経」の最終回
楽しみだ
テーマ:独り言
ジャンル:日記
みずほフィナンシャルグループの行方
2005年12月08日 (木) | 編集 |

ジェイコム株の誤発注でみずほ証に巨額損失の恐れ、差金決済の事態も

[東京 8日 ロイター] 東証マザーズに8日新規上場したジェイコム<2462.T>株取引で、みずほ証券が60万株に及ぶ大量の売り注文を誤って出した問題は、買い戻しの状況次第で、同証券に最低でも数百億円規模の損失をもたらす恐れがでている。取引を成立させた東証のほか、親会社である、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>がこの問題に対してどう対応するかに市場の関心が集まる一方、ジェイコム株にはみずほ証券の買戻しの動きをにらんだ買い注文がさらに集まる可能性が高い。

ジェイコムは寄り付きから大量の買いを集め、公開価格と同じ61万円買い気配で始まった。その後も気配値を切り上げたが、異変が起きたのは午前9時27分に初値となる67万2000円を付けた時。市場関係者によると、1株1円で同社の発行数の40倍にあたる約60万株の売り注文が出て、そのわずか3分後にストップ安まで下落した。すぐにリバウンド狙いの買い注文が入り、株価は戻りに転じたが、この大量注文が誤発注だったとの観測が広まるにつれて買いが買いを呼び、結局、同社株は77万2000円でストップ高比例配分となって大引けた。

市場では「犯人探し」が行われ、フロア情報として流れた証券会社から否定するコメントが相次いだが、引け後に、みずほ証券が大量注文入力時に誤った発注を行ったことを明らかにした。同証券によると、今後の対応策について東証と協議中で、詳細が判明次第明らかにするという。

東証では過去にも、電通<4324.T>が新規上場した際、一部外資系証券が大量の売り注文を誤って出したケースがある。しかし、東証によると、発行株数を上回る規模の誤発注が出されたのは初めてという。

誤発注を出したみずほ証券は、約定日を含めて4営業日目となる13日までに、受け渡す株券を調達しなければならない。しかし、発行株数の40倍に当たる株券を集めるのは不可能。東証関係者は、いったん約定した注文をキャンセルすることはできないとしている。

売り手から買い手に対する証券の受渡しが期日までに行われない事態(フェイル)が発生した際に、買い手の請求により証券の強制買付けを行うバイインが実施される可能性が高い。みずほ証券は、買った投資家に対して差金決済するなど、厳しい対応を迫られることになる。

市場では、「バイインが行われた場合、処理するのに長い期間と、推定で数百億円以上の損金が発生する可能性がある。とても証券会社1社でまかなえる損金ではない」(準大手証券情報担当者)との声が出ており、親会社であるみずほフィナンシャルグループ<8411.T>が、この問題にどう対応するかが焦点となりそうだ。みずほFGはこの問題について、同証券との協力体制は従来通りとしている。

クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券・銀行担当アナリストの伊奈伸一氏は、「決済日を迎えて、どう対処するかをみてからではないと確たることは言えない」としたうえで、「かりに大量の損金が発生した場合、みずほFGの業績に悪影響を及ぼす、良いニュースではないことは確かだ」と指摘する。みずほFGの対応が注目を集めることになりそうだ。



ロイターのニュースなのですが誤発注はみずほ証券だったのですね
しかしものすごい事になってしまっています

上場前の2462ジェイコムの初値予想は100万円だったそうですが、もし100万円まで買い戻せないと・・
43万円×61万株=2623億円のマイナス

さらに今回はみんなが誤発注と知っているから、そこを突いてどんどん買い上がる可能性も高い
損失は一体いくらになるのか考えただけでも恐ろしい

かつて英国の名門銀行、ベアリングズ銀行を潰した巨額損失事件は、損失額1380億円だそうです

今回はまだ推定だが、その金額を余裕で上回る
うまく切り抜ける策があるのでしょうか?
もちろん私には全く見当もつきません

ひとつの望みはストップ安張り付きの時に46万株超の買いがありましたが、それがみずほ証券の買戻しであるかもしれないという事
今日の出来高が70万株以上あるのでかなり買い戻しているという事もありますし

はたしてみずほフィナンシャルグループの行方は如何に??
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
「傷だらけの復活編」の目標
2005年12月03日 (土) | 編集 |
現在日々の損益を綴っているカテゴリー「傷だらけの復活編」の目標を明示したいと思います
「復活編」と呼んでいる以上は残高の過去最高値を目指したいと思います

いつが最高値かと振り返ってみると・・
日付・・2003年12月12日
残高・・2671万円+含み益が40万超

実はその時残高を付けていたノートには約2650万円と書いてありました
でも今計算すると2671万円のはず・・
少し合わない・・
なんでかなぁ?と考えていたら税金の還付を書いてなかったからでした
その時の口座は源泉徴収ありの口座でした
そして損失が出た場合に戻る払いすぎた税金の還付は、今はすぐ還付されますが当時は月末まで待たなければならないのでした
もうそんな事忘れてしまっていましたが確かそうだったはずです
その税金分が誤差になっていたみたいです

目標ですが、いつも考慮には入れない含み益を今回は大雑把に含める事にします
2671万と含み益をたして・・合計2700万円
これを「傷だらけの復活編」の目標にしたいと思います

ブログを始めてからは心ならずも負け続ける日々を綴って来ました
2005年8月には59万円まで落ち込みましたが、今は330万円位まで戻しています

この先もどうなるかは全く分かりません
しかしどうなろうとも、自分を信じ目標を意識し野心的に相場に臨みたいです
そして必ず「傷だらけの復活編」を完結させて、このブログを始めた当初の目的を達成したいと思っています


2005年12月3日 傷だらけの剣士
転んでもタダでは起きない
2005年11月12日 (土) | 編集 |
昨日のNYはベテランズデー(退役軍人の日)のため休場だと思っていたら、債権市場だけ休場で株式市場はちゃんとやっていました・・
まぁ上昇してくれたのでよかったですけど・・・

話は変わりますが、自分は今までのずっと朝が苦手の人間でした
低血圧とかではなく単なるネボスケです・・
学校に行っていた時は遅刻ばっかりで、「遅刻魔」と言われてました
働くようになってさすがに遅刻はしなくなりましたが、布団の中で「あと3分寝よ・・」とか「あと1分だけ・・」と毎朝睡魔と格闘してました

そんな自分が去年くらいから朝になると勝手に目が覚めて、それ以上寝られなくなったのです
覚める時間も大体決まっていて朝の6時前くらい
夜中の1時過ぎて寝ることも多いのでもっと寝たいのに寝られない
実は今日も、昨日から飲みに行ってそのあとカラオケ行って帰ってきたのは朝の5時半
6時くらいに寝たので14時にあるバイトの時間まではゆっくり寝たいのに、10時過ぎに目が覚めて寝られない(まぁだからコレ書いてます・・)

友達に言ったら「年じゃない(笑)」とか言われました
でもまだ30過ぎたところで年寄りでもないのに・・

やっぱり去年から投資の負け続けが精神的にプレッシャーになって寝られないのかなぁ~とか考えています
時期もだいたい合っているので・・
普段はそんなに気にしていないつもりでも心の何処かに「不安感」があって、それが原因なのかもしれない

まぁ原因は分かりませんが、それならそれで朝パッチリ目覚めるのを何かに利用してやろうかと思っています
好きな歴史小説を読むのもいいし、もちろん投資の本を読むのもよし
ジョギングでもいいし、海外行ったらいつもやっとけばよかったと切実に思う英語の勉強でもいい
そしたらかなり有意義に使える気がします

投資の失敗が自分に今の状況をもたらしたのかも知れませんが、そうなってしまった以上それを利用するのが得策ですよね
世の中、前向きに生きないと・・
転んでもタダでは起きない「こころ」
コレ大事だと思います
テーマ:ちょいと聞いておくれよ
ジャンル:日記
「傷だらけの死闘編」の目標
2005年10月02日 (日) | 編集 |
なんとか8月、9月と2ヶ月連続の損益プラスになりました
いつ以来かなと調べると、2004年3月、4月以来でした
更に9/5日から4週連続の損益プラス
こちらは2003年11月以来の出来事でした

約20ヶ月程かけて2700万円位から59万円位まで残高を減らした訳ですが、これだけ負け続けるとやればやるほど減っていくというまさに負のスパイラルでした

「毎日が辛い・・」
「毎朝9時になって相場が開くのが怖い・・」
「自分はどうなって行くんだろう・・」

考えれば考えるほど不安で安眠出来ない日々でした
そういう時は前向きに考えるように自分を鼓舞したり、または意図的に考えないようにしたりしていました

でも最近はトレードを楽しめる余裕が少し生まれて来ました
もちろん大きい損切りは辛いし、失敗して悔しかったりと嫌な事も多々あります
それに客観的に見て残高が底を打ったとはまだまだ言えませんし、2700万円という高値などははるか雲の上の位置です
でもセンチメントの改善というのは生きている人間としてとてもありがたいです
不安感が減ったという事は生きていて楽しい
前向きに物事を考えられるというのは生きていく上で本当に重要な事なんですね
それらの事を今、身にしみて感じています

それで今回少し近い目標を作りたいと思います
現在日々の損益を綴っているカテゴリー「傷だらけの死闘編」を残高が190万円になったら目標達成としたいと思います
190万円というのは2003年の残高最安値です(詳しくははじめにをどうぞ)
自分はその190万から2700万まで1度は増やしたのです
だから190万まで増やせばあるいはもう1度・・と思えるかなと思っているのです

まあ先の事は分かりませんが、とにかく190万はある意味自分の原点でもあると思っているのでその数字に決めました
ただ何日までとかいう事は決めません
なぜならもしその日に近づいて達成できていなかったら、焦りから必要以上にリスキーな取引をしてしまう可能性があるからです
トレードに悪影響を与える事になるなら決めない方がいいからです
それに日など決めずとも日々やるべき事をやっていれば結果は勝手について来ると思っています

という事で「傷だらけの死闘編」は190万円を目指します
乞うご期待!!
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
もう6月かぁ・・
2005年06月04日 (土) | 編集 |
■今日の4815JDCは酷かったがストップ高の時の値段は373K
私この間の4月26日に127kで21株買ってすぐ損切りしてます
その2日後はストップ高
その時のブログに書いたとおり・・
チャートで見るととてもいい位置で買ってます
売ってしまった株の値動きなんて関係ないけどさ・・
ただ一言、無念である・・

■木曜日の22時にフジテレビでやっている「恋に落ちたら~僕の成功の秘密~」を毎週見ています
SMAPの草なぎ君が主役のやつ
ドラマらしく実社会ではありえない展開でおもしろいんですが、あれって前にフジでやってた織田裕二の「お金がない」とどう違うのだろう?
お金はないが優しい青年が貧乏脱出するため有名会社に就職して、他の社員とは違う方法で次々取引を成功させる
しかし取締役までいくと性格が変わり家族を省みない人間になる・・
とまあ今のところ全く一緒です
これからどうなるんでしょうねぇ

■今日も明日も一日8時間のバイト
お金に困ってバイト始めたが始めてよかった
疲れる時もあるし嫌なお客にあたる時もあるけど楽しいものです
株にはない人と人とのふれあいというんでしょうか
なんだかんだ行くのが楽しみなんだな~
あとはトレードで勝つだけだにゃ~

■久々にテンプレート変更
6月で衣替えってことで・・
失敗を利用する
2005年04月24日 (日) | 編集 |
金曜日は本当に落ち込みました
自己嫌悪です
-14万という額よりも自分の浅慮な行動にです

反省のために東都水産の取引を振り返ると・・
まず寄りから買い気配でした
こういう株のこういう時を色々見てきた経験則で・・
朝買い気配→その後少し下げるがマイナスまで行かずもみ合う
→そして切り返し今度は大きく伸びる・・
というのが最初の思考回路でした

故にlongポジションでいこうと決め483で買いました
ここでの失敗はタイミングが早かったこと
もう少しもみ合う時間を考慮してからでもよかったし切り返しを確認してからでもよかった
そうすれば475で損切りすることはなかったし、上伸する波にも乗れたはずです

そして今度はそのlongポジションを閉じたあとの行動
頭の中は少し前まであった思考回路を全否定して一気に弱気に傾いてしまいました
これも時期尚早
すぐ弱気になる必要は全くなく、少し様子見するべきでした
また1回ダメだったのだから銘柄を変えるという道も考えるべきでした
これが第2の失敗

そして最後はshortポジションを持ってからの行動
484で空売りしたら株価は急に強含みだしました
それは最初描いたストーリー通りの動きをしだしたのです
にもかかわらず損切りが遅れた事
これが第3の失敗
最初描いた考えを忘れ「いつかは下げるはず、下げなくても押し目は作るだろうからその時まで待とう」と甘い考えでした

損切りするチャンスは何度もありました
思惑が外れたと最初に思った時
朝方の高値を越えた時
前場引けに高値引けしそうな時・・など

それらをことごとく無視してしまいました
その罪に対する罰であるかのようにグングン騰がった最悪の瞬間の535に買い戻して損切りするという憂き目に遭いました

ほんとうに反省する事がたくさんあります
でもやっぱり一番悪いのは損切りを早めにしなかった事だと思います
思惑が外れても、タイミングを間違っても最後のセイフティーネットである損切りを早めにしていれば大敗は防げるのですから

これらの失敗を忘れずに次のトレードに生かしていきたいと思います
タイトル変更
2005年04月03日 (日) | 編集 |
タイトルかえてみた
なんとなく「傷だらけ」というフレーズが気に入ったんで

アドレスも変更したいけどなぁ・・
確定申告
2005年03月04日 (金) | 編集 |
昨日、今日と時間作って税務署行ってきた

確定申告なんか初めてでやり方分からないし、とりあえず昨日は書類もらって書き方などを聞いてきた
今日その書類を提出してきた
株は特定口座なので簡単だった

でも先物とオプションは自分で取引の取得価格と売却価格と手数料を計算しないといけなかったのでちょいめんどかった
それにしてもエクセルでデータとっといて良かった
一円単位の正確な手数料なんかも偶然だよデータとっといたの
株の方の手数料なんか概算しかわかんない・・
またいちいちネットで過去のデータ取り出すのかと思ったら嫌になるしね

これで多分損失の繰越はちゃんと手続き出来たと思う
合計-1867万
しっかしなんてでかい損失だろう
税務署にいてもこの額見るたびに悔しいやら情けないやら・・
とにかくブルーになるには十分の数字だった

でもこれでなんだかすっきりした事も事実
いや~な数字ともおさらば
心機一転改めてがんばらないとと思えた

この最悪の状況を必ず脱出してやる!
必ず・・・
「スペキュレーター」
2005年03月04日 (金) | 編集 |
「スペキュレーター」(speculator)という言葉があります

一般的に「投機家」という意味で使われています
しかしもともとは「よく考える人」という意味のラテン語からきているそうです

「投機家」と「よく考える人」
これが同じ言葉なんです

なんか不思議な発見でした
まるで「投機家」として成功する人はどんな人か?という問いに、答えは「よく考える人」と言わんばかりに

「よく考える人」のみが成功する
当たり前だが結局のところそれに行き着くと思います

私が今負け続けているのも考えが足りないのです
失敗したら何が悪かったか考える
成功したら何が良かったのか考える
その考えの積み重ねこそが強いトレーダーを作り出すはずです

「スペキュレーター」目指して考えを積み重ねる日々にしたいと思っています
もうすぐは~るですねぇ
2005年02月28日 (月) | 編集 |
先ほど帰宅しました

日中はずっと車の運転
走行距離は3日間で約800km
田舎道でしかもほとんど下みち
運転好きなので疲れは特になし
でも毎日寝不足だった
まだ8時すぎだがすでにネムイ・・

旅行中はポジションがなかった(意図的に閉じた)ので株価のcheckもしないし気楽でした
でも勉強のため過去の取引データ付けてるノートを持っていってました
過去の失敗を思い出し反省し、同じ過ちを出来るだけ繰り返さないためです
もちろん良いときのトレードの記録も書いてあるのでそれは良いイメージを思い出させるのに使ってます
やはり自分の経験ほど役に立つものはないと確信してます

明日から3月
春です
ちなみに旅行で行ってきた南紀は梅満開でポカポカ陽気でした

新たな気持ちで頑張らなくっちゃ
では早めに寝て明日に備えます


今は株之助さん・・か
2005年02月18日 (金) | 編集 |
HANABIさんコメントやめちゃったね
さっききづいた
いつもコメントの数がすごい多いから自分はめんどうで全然見た事ないけどやっぱり悪口とか多いんだろうなぁ

しかし株之助ってピンとこんね・・



役立つ情報サイト
2005年02月17日 (木) | 編集 |
何個かサイトリンク載せてみました
よかったら使って下さい

スクロールした左側です
ちょっと変更
2005年02月16日 (水) | 編集 |
テンプレかえてみた

この方に3カラムのが欲しいとリクエスト出したらすぐ作ってくれた

全然知らない方ですが優しい人です
お礼の気持ち込めて紹介しました(^o^)

しかしFC2ブログってアットホームだね~
国士無双
2005年02月05日 (土) | 編集 |
このあいだ横山光輝のマンガ「項羽と劉邦」を全巻買ってきた
大好きなんですよねぇ~歴史もん・・

高校の時に「三国志」を初めて読んですっごいおもしろくて心ときめいたもんです
60巻もあったがいっきに読んだ
経済的にちょっと高校生にはきつかったが
それから「水滸伝」、「史記」、「平家物語」と横山光輝ばっか読んでます

去年だったかなぁ、横山光輝氏亡くなったのは・・
すごいショックでした
もっと色々書いて欲しかったのになぁ・・・