FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
失敗を利用する
2005年04月24日 (日) | 編集 |
金曜日は本当に落ち込みました
自己嫌悪です
-14万という額よりも自分の浅慮な行動にです

反省のために東都水産の取引を振り返ると・・
まず寄りから買い気配でした
こういう株のこういう時を色々見てきた経験則で・・
朝買い気配→その後少し下げるがマイナスまで行かずもみ合う
→そして切り返し今度は大きく伸びる・・
というのが最初の思考回路でした

故にlongポジションでいこうと決め483で買いました
ここでの失敗はタイミングが早かったこと
もう少しもみ合う時間を考慮してからでもよかったし切り返しを確認してからでもよかった
そうすれば475で損切りすることはなかったし、上伸する波にも乗れたはずです

そして今度はそのlongポジションを閉じたあとの行動
頭の中は少し前まであった思考回路を全否定して一気に弱気に傾いてしまいました
これも時期尚早
すぐ弱気になる必要は全くなく、少し様子見するべきでした
また1回ダメだったのだから銘柄を変えるという道も考えるべきでした
これが第2の失敗

そして最後はshortポジションを持ってからの行動
484で空売りしたら株価は急に強含みだしました
それは最初描いたストーリー通りの動きをしだしたのです
にもかかわらず損切りが遅れた事
これが第3の失敗
最初描いた考えを忘れ「いつかは下げるはず、下げなくても押し目は作るだろうからその時まで待とう」と甘い考えでした

損切りするチャンスは何度もありました
思惑が外れたと最初に思った時
朝方の高値を越えた時
前場引けに高値引けしそうな時・・など

それらをことごとく無視してしまいました
その罪に対する罰であるかのようにグングン騰がった最悪の瞬間の535に買い戻して損切りするという憂き目に遭いました

ほんとうに反省する事がたくさんあります
でもやっぱり一番悪いのは損切りを早めにしなかった事だと思います
思惑が外れても、タイミングを間違っても最後のセイフティーネットである損切りを早めにしていれば大敗は防げるのですから

これらの失敗を忘れずに次のトレードに生かしていきたいと思います