FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
眠れない夜を数えて
2007年03月14日 (水) | 編集 |
もう治りかけだがここんとこ風邪で体調が悪い
久しぶりに多分熱が出た(多分ってのは体温計がないから推測(笑))
んで時々昼寝をしていた
つまり夜は目が覚めるんよねぇ
去年は寝られない時は深夜ドライブ~♪とか言って遊んでたけど風邪でそんな元気ないし・・
んで布団の中で目が覚めてボーッとしていて考える事はやっぱり株の事
トレーダーの悲しい性ですなぁ・・

ふと思ったことはずっと勝てない日々が続いているけど去年と今年は負け方が若干違う
ちょっと調べてみた
去年の8月最高値~12月の全取引の勝率は32%
今年の1月~現在までの全取引の勝率は59%

つまり勝率が全然違う
去年後半はやはり取引が雑になっていた
ドン底から這い上がり勝ちまくって一気に1億突破して油断したのだろう
自分ではそうは全く思ってなかったがこの結果はそう判断せざるをえない
データは嘘を付かない
エクセルの数字がそう静かに語っている
情けないけど・・
(ちなみに去年1月~8月最高値までの勝率は51%)

そして今年
取引の雑さは減って勝率は良くなった
しかし勝てていない
理由はドカンと一発でやられる大損トレードのため
損益比を調べてみた
今年は現在のところ0.54
これは平均の利食い額は損切り額の約半分だという事
(ちなみに去年1月~8月最高値までの損益比は2.14)

自分の投資手法の武器は「損小利大」だと言ってきたがそれが全く出来ていない
そりゃ勝てるはずもない

んでこれから自分はどうすればいいか?
取引が雑にならないように心がける
そして徹底した「損小」に拘るしか方法はないと思う

「利大」の方は残高アップのためには非常に重要だがこれは相場次第でどうにもならない
思惑通り相場が動けばいいがそうでなければ適当なところでリリースするしかない
利益の大きさなんてある意味運任せ
それよりも運ではなく自分の意思で何とかなる上記2点に注意したい

そんな事々を考えていた夜中、いつものように携帯でNY相場をチェックして急落している事実を知った
今回の暴落劇は中国が原因だと思っていたが実はNYが隠れた主因なのかも知れないと思った夜中だった

さてさて
日経平均は急落
新興市場も同じく
日経平均   -501
ジャスッダク  -27
マザーズ    -31

■本日取引銘柄■
 取引なし

■持ち越した銘柄■
 買い  
 売り  

今日も結局動けなかった
ロングポジションを持っていなかった事を喜ぶより、ショートポジションを持っていなかった事を悔やめ


実現損益      0万円
源泉徴収      0万円
資産残高  2860万円

含み損益    0万円 (残高に含まず)