FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
2009年3月 損益
2009年03月31日 (火) | 編集 |
月初資金    727万
実現損益    -113万
損益率      -16%

(買い損益   +110万)
(空売り損益  -223万

取引回数   19回
2008年を振り返って
2009年03月31日 (火) | 編集 |
やはりこの反省をしないと始まらないと思い去年の事を書こうと思う


ブログを休止する直前まではとても調子が良かった
まだ始まったばかりの2008年の収支は+3300万円
年始の残高は3310万円スタートだったので絶好調だった
休止直前の残高は6280万円であった

休止前後の事をちょっと詳しく・・

1/31(木)
過去記事にもある通り2497NGIを空売りしていた
株数は330株
その日は特に方向感も無く少しの含み損で終えた

2/1(金)
NGIは思惑通り下落傾向だったので更に追加の空売りを断続的に建てていた
そんな最中に例の「傷だらけの剣士=私」の封筒が突然やって来た

私は正直めちゃくちゃ焦った
今は取引をしている真っ最中
ただでさえ取引額は大きく建て玉は1億~2億円動かしている
ちょっとした事で何十何百万円もの損益の差が出る世界
しかし自分にはブログをどうするかもすごく大事で、その事をとりあえず置いて取引に集中するという器用な真似は出来なかった

私は取引をしながらブログをどうするかも必死に考えた
しかし同時進行なので頭は回らず心臓がドキドキし冷や汗をかいた事を今でも鮮明に覚えている

長らく続けていたブログを出来るならこんな形でやめたくはなかった
やめたら今まで見ていてくれた方々、わざわざコメントをくれた方々との決別を意味する
それを考えると何かとても大事なものを失うような気がした
しかしどう考えても一旦は休止するしか手立てはないと思った

そうこうする内に大引けになり取引は終了した
追加の空売りは600株エントリーした
これで合計930株
結局NGIは下落したので2/1(金)の含み益は約+560万円だった
一応トレードの方はいい感じで終える事が出来た

そしてすぐに「休止」の記事を書いた
書きながら寂しさや残念さを感じながらもこれからは自分一人でやっていこうと決意した
「ブログを休止しても特に自分は変わりはない・・」
その時はそう思っていた
しかしそれが地獄の入口である事は知る由もなかった

2/2(土)
このブログは一旦休止した
そしてその翌週月曜日の取引から信じられないような連日の大損失の日々が始まった

2/4(月)
NGIは意に反して上昇して始まり強かった
本来ならさっさと手じまいすべきところだが手じまいをしなかった
ずっとジリ高で含み益から含み損に変わった
さすがに限界を感じ1/31(木)に建てた330株だけは損切りした
しかしすぐに再度250株の空売りをした
これは欲に取りつかれている単なるナンピン
今考えても本当に雑な取引だ
しかも大引けが近づいても損切りを躊躇った
そして合計850株は含み損のまま持ち越してしまった
実に-640万円の含み損の持ち越しだった

2/5(火)
全力に近い状態でしかも大きな含み損を持ち越したので精神的に余裕は全くない
少しの値動きであたふた・・
前場、NGIは寄り付きすぐに若干上昇した
そこでもう怖くなり何も考えずにすべて損切りをした
そしてそれはほぼその日の高値であった
その後程なく下落に転じ前日比マイナスまで下落した

今思うとありがちなストーリーだ
そして情けないくらいの典型的な悪い取引だった
2/4(月)と2/5(火)の損失だけで-980万円
更にそれで終わらないところが株取引の怖いところ
そんな大損失を喰らう奴は知らない間に焦燥感に取りつかれている
早く損失を取り戻したい欲望が無駄なエントリーを生み、更なる損失の恐怖が放置すれば利益増大に繋がる株をも早々に手じまわせる
その後の自分にも顕著に表れた

買えば下がり、売れば上がる
利食いは小さくなり、損切りは大きくなった

ブログ休止直後の週損益は・・
2/4(月)~2/8(金)  -1720万
2/11(月)~2/15(金)  -740万
2/18(月)~2/22(金) -1050万

たった3週間で約-3520万も失った
そして2008年の収支も一気にマイナスへ転落

前途洋々で迎えた2008年2月
しかし実際は地獄の1ヶ月となってしまった


大きな含み損での持ち越しは2003年~2004年の頃は時々していた
しかしその危険性を知りブログを書くようになった2005年以降はしないようにした
特に勝ちだした2005年8月以降は絶対にしないようにした

含み損になったら出来るだけその日に手じまう事
大きな含み損の強制手じまいは自分の中での絶対ルールだった
それなのにブログを書かなくなった正にその日から破ってしまった

「今ルール違反をしても誰にも何も言われない」
「それに違反をしても今さえ乗り切れば別に何の問題もないんじゃないか」

この考えは今までブログに書き続けた自分の信念をねじ曲げる考えだ
ただただ損切りをする事を避けたくてそんな愚かな考えに至ってしまった
何をしても誰にも何も言われない自由な状態に「自制心」のタガが緩んでしまった

税金がいくらか還付され結局2月末の残高は3000万円
それから1100万円を出金し残高は1900万円になった

その後の取引量は激減した
全く取引をしない日が続いた時もあった
私はトレードに一番大切な「心」を失ってしまったのだ

今までどんなに負けても自信は失われなかった
しかしブログを休止した途端に規律なき行動に走ってしまった自分にほとほと嫌気がさした
唯一信じるべきは自分自身だと思っていたのに、その自分の事が信じられなくなった
私は一体何を信じたらいいのだろうか・・
茫然自失とは正にこの事を言うのだろうと思った
損失額もさる事ながら失ったものは途轍もなく大きかった


自分の事が信じられなくなりやる気も失われた
2008年3月からは毎月の取引回数はすべて10回以下
それでも完全にはやめず少し取引しては負けて休む日々が続いた

遊んでいても毎日が何か物足りなくつまらなかった
心が沈んでいるというか、負け犬状態である自分が情けなく何をしていてもつまらなかった
そしてこのままではいずれ朽ち果ててしまうと思い一念発起して今年から毎日取引を始めた
しかしながらなかなか勝てず苦しい日々が続いている

そして今
何とかこの状況を脱したいと思い、先ずは今のこの苦境を導いた2008年の2月の出来事を洗いざらい書いてみた
久しぶりに去年の取引明細を見ながらその時を振り返って書いた
思い出したくもない過去だが反省のために書いた

かつて1億に行った事があるからと崇めてくれる人もいる
しかし自分が如何に未熟者であるかは上記の通りである
本当に今まで一体何を学んで来たかと思うほど自分はまだまだなのである


明日から新年度
過去の反省をして気持ちを新たにするにはちょうどいいタイミング
株式投資は何度失敗しても復活できるところが急所だと思うので、また明日から日々真剣に頑張ろうと思う

最後に自分が今までこのブログに、そしてこれを見ていてくれる方々に如何に助けられていたかを痛感した
だから皆様に感謝したいと思う

「皆さん、ありがとです」 m(__)m
3/31(火)
2009年03月31日 (火) | 編集 |
結構弱い

実質新年度相場になった途端にこの弱さ
期末相場に向けて本当に意図的買い付けがあっのかな?
まぁどっちでもいいけど

今日も取引なし
色々考えながら見ていただけ

■取引銘柄■
 取引なし

実現損益       0万円
源泉徴収       0万円
資産残高    610万円

■持ち越し銘柄■
 買い     
 売り     
 含み損益   0万円 (残高に含まず)