FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
2003年~2005年 225先物・オプション
2009年07月20日 (月) | 編集 |
2003年に税制が変わった事を契機に株式投資の短期売買を本格的に始めた
最初は上手くいかなかったが上昇相場の始まりとともに少しずつ利益が出るようになっていった
投資の本を読んだり証券会社のセミナーに行ったりもした
色々と知識が増えていく中でデリバティブ取引にも興味を持つようになった
そして最初の売買に選んだのは日経225オプション取引
理由はとても単純
勝った時の利益率の高さ
株式投資に比べれば桁違いである
今思うとリスクもあまり考えずにただそれだけしか見ていなかった気がする

権利の売買であるオプション取引は失敗すればいとも簡単に投入資金がゼロになる
その株式投資とは比較にならないほどのリスクをよく理解せず単に儲けたいという欲望だけで売買していた
もちろんそんな奴が勝てるはずもない
やればやるほど負け続けて資金は下落の一途
負けている奴の愚行のひとつに「入金」という行為がある
勝つために知恵を絞るというよりも「入金」で残高を維持しようと金策に奔走する
不毛で愚かな悪循環を繰り返していた

2003年に200万円
2004年に更に200万円、合計400万円を投入した
しかし2004年の年末の残高は何と約1万円であった

2005年には権利行使価格を大きく下回ったアウト・オブ・ザ・マネーのコールを買いその1万円をも使い込む
このコール買いなどは資金の費えたギャンブラーがもう取り返す事は不可能である事は明白なのだが、持ち金すべてが無くならないとやめられないあの心理状態と同じである

自分は本当に最後まで単に欲望だけで行動していた
2003年に初めてオプション取引に手を出し、そして2005年には資金がなくなり1度目の退場に至った