FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
誤発注の後始末
2005年12月13日 (火) | 編集 |

UBSグループ、ジェイコム発行済み株式の2.6倍保有と報告
 
みずほ証券が誤発注したジェイコム株をUBSグループが大量取得していたことが13日分かった。大量保有報告書によると同グループは8日時点で発行済み株式数の2.6倍の3万8198株を保有していた。みずほ証券が買い戻せなかった9万6236株の4割に相当する。1株91万2000円の現金決済でUBS証券とユービーエス・エイ・ジーの2社は計100億円以上の利益を上げたとみられる。

 UBSグループ以外ではモルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド、日興コーディアル証券グループ、リーマン・ブラザーズ証券グループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券グループ、野村証券がジェイコム株を保有していたことが判明している。

 一方、ジェイコム株の現金決済は13日、日本証券クリアリング機構と買い手の証券会社間で滞りなく終了した。14日の売買再開までに証券会社から投資家への現金受け渡しもすべて終える見込み。 (21:11)



発行済み株式の2.6倍保有!
「何のこっちゃ・・?」

こんな事が起きるなんてびっくりだな
株式会社のシステムをぶっ壊すような出来事
なんか珍しいものが見れたなぁという気分

テレビ等でこの誤発注の隙をついて利益を得た証券会社を批判するのを見た
そんな事をいうのは「真剣勝負」というものを分かっていない人間だと思う
勝負事で相手の一番弱いところを攻めるのは当たり前
サッカーでも戦国時代の城攻めでも一緒

政治家が立場上その行為を批判するのは分かる
でも投資の世界はみんな必死の世界
美しく勝てるならそれに越した事はないがそんな甘くはない
投資家がそんな事を言っていたら次は逆に自分が食われちまうよ
そう思った

しかしまぁUBSグループ・・
鬼だな・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック