FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
2/16
2006年02月16日 (木) | 編集 |
今日も上行くと見せて下落
新興市場は弱い


■本日取引銘柄■
 4788 CCI  デイトレ(損失)
 7717 ブイテク  デイトレ(損失)

■持ち越した銘柄■
 買い 
 売り 


今日も昨日と全く同じ
損失も同じくらい
全然勝てない・・

たった1週間で高値から半分になっちまった
さすがにヤバイっすねぇ・・


■本日確定損益 -156万円■

■■■ 資産残高 1387万円 ■■■

■含み損益 0万円 (残高に含まず)■
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。

何であんなに一方通行なんでしょうかねぇ。。。

今日は昨日の利益を全部飛ばしちゃいました・゚・(ノД`)・゚・。

明日はもっと慎重に行きたいと思います。
2006/02/16(Thu) 15:18 | URL  | 優羅 #-[ 編集]
お疲れさまぁ

正直超ド級でブルーですが。。。まぁ挫けず頑張るしかないですね

「待てば海路の日和あり」

諦めなければまたいい日も巡って来るはずです
ファイト!!
2006/02/16(Thu) 15:25 | URL  | 傷だらけの剣士 #-[ 編集]
ちょっとスランプみたいですが、
またがんばってください。
いつもの剣士さんに戻れば、
きっとまた勝てるハズですもん。
2006/02/16(Thu) 16:46 | URL  | グリングレー #-[ 編集]
お疲れ様です!

が・・・・頑張って下さい・・。

高値から1週間で半分って凄い資産推移ですね・・orz

自分の-25%が可愛く思えて来ました。

お互い頑張って高値奪還しましょう!
2006/02/16(Thu) 17:36 | URL  | のび太 #-[ 編集]
余計なお世話ですが。
シフトを落とす練習と思って、暫く外したらどうでしょう。大勝利の後の大敗北にしても(600万は兎も角)、流石に見ているのがきつい。

資産を増やすのが目的ではなく、相場に勝つのが目的というのなら止めませんが。

今の相場で勝っている人と、負けている人の差は、先ずは頭の切り替えの差だと思います。以前とは押し目が逆になっていますからね。因みに僕は全然駄目です。

あと、2700万という節目が目前になったのが、大きな理由のひとつではかいかと。

以下、ご自分のお言葉ですよ。

>さあ、とうとうここまで来た!
>目標の2700万円まであと少し!
>ここで油断するなよ!

>「最も大きな危険は勝利の瞬間にある」 by ナポレオン

>こういう言葉を聞くとさすがにナポレオンはえらいなぁと思う
>この言葉を肝に銘じて慌てず行くべし
2006/02/16(Thu) 19:44 | URL  | tool21 #wLMIWoss[ 編集]
私もこの2週間で
2千万損しました
資産も半減しました

投資の仕方が良くにています
1点2点でほとんどの金額
賭けてしまいますので
上がれば丸儲け
下がれば大損
となります

損失ばかり頭に浮かんで
鬱病になりそうです


2006/02/16(Thu) 21:28 | URL  | 株依存症 #-[ 編集]
 グリングレーさん
ちょっとどころではなくかなりヤバイです・・

 のび太さん
私の場合ちょっとやり方に行き詰ってますのでトレードスタイルの見直しからですね
高値奪回はそのあとの話になってしまいました
のび太さんは「1000万」頑張って下さい!

 tool21さん
頭の切り替えというのは本当にそうですねぇ
「変化に対応できる者だけが生き残る」と分かっているのに実行できていません。。。

2700万の節目直前で落ちてきたのがちょっと怖いです
株価でいう前回の高値が越えられず下落に入る所謂2番天井みたいで・・

自分の書いた言葉はなんていいタイミングだったのかとちょっと驚きます

でもまあ見ていてください
必死にもがいてなんとか突破口を切り開いてみせるつもりです
失敗した経験がある分前よりは強くなっていると思うので。。。

 株依存症さん
2週間で半減ですか・・
だいたい私と同じですね・・

私はまだ諦めないのでまぁ頑張るしかないですね
損失のことを考えても戻って来るわけでもないし落ち込むだけなので私は次はどうするか・・と前向きにしか考えませんねぇ
とにかく明日どうするか・・そればかり考えています
2006/02/16(Thu) 21:55 | URL  | 傷だらけの剣士 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック