FC2ブログ
59万円まで落ち込んだ2005年8月、1億5000万円超まで飛躍した2006年8月、そして今・・
さようなら、ライブドア・・・
2006年04月13日 (木) | 編集 |
4753ライブドアは今日が最終売買日
明日が上場廃止で東証としてはシステムダウンの元凶がやっと去ってくれるというところか

この会社を知ったのは2003年の後半
まだエッジの名前の頃だった
調べてみると2003年の10月に初めて売買している
とにかく値動きが激しい
毎日ストップ高を繰り返して暴騰している時もあった

社名を変更してライブドアになり、近鉄バファローズ買収やニッポン放送株式を大量取得してフジテレビと争うなど話題には事欠かない
ライブドアという会社は見ていて一番面白い会社だった

ただ株式投資の対象としてはちょっと怖い会社だと思っていた
やる事が大胆不敵で明日になればどんな突拍子もない材料が出てくるかわからない
それによって株価も乱高下してハイリスクハイリターンである

そういう訳で毎日監視している銘柄なのにこの株を売買する回数が減っていった
2003年は10月からで4回
2004年は17回
2005年は6回だった

最後に取引したのは2005年11月
それ以後は監視もあまりしていなかった
そして2006年1月のライブドアショックに至った
結果的にはこの銘柄にあまり近づかなくて良かったと言える

ちなみにライブドアの通算損益は+2000円
個人的には儲けも損もしない会社だった


ライブドアは会社は誰のものかという命題を与えた事や、投資というものを世間に知らしめた事などいい影響もあったと思う
良くも悪くも今の時代を象徴する会社だったと思う
ただ悪い事をしていたなら0点・・いやマイナスだけどねぇ


■本日取引銘柄■
 4751 サイバーエージェント  売り(損失)
 4835 インデックス      売り(損失)

 3722 日本ベリサイン 買い
 4788 CCI     買い

■持ち越した銘柄■
 買い 3722 4788
 売り 

日経平均はなんとかプラス

今日は持ち株のうち弱いものは削除し強いものは買い増した
なんとか含み益は増えてくれた


------本日確定損益 -19万円------

■■■ 資産残高 2459万円 ■■■

---含み損益 +273万円 (残高に含まず)---
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
この記事へのコメント
含み益がまたまたすごい事になってますね。
私の全余力の何倍か・・・(笑)
2006/04/13(Thu) 19:32 | URL  | グリングレー #-[ 編集]
4788
傷だらけの剣士が持ってるんで4788を注目してみてました。
今日は上がったり下がったり、値動きが激しかったですね。
一つご教授頂きたいんですが、銘柄を決める一番の目安は何でしょうか?
結構同じ銘柄の売買を繰り返していますよね。
ずっと注目してる銘柄は、値動きのパターンが分かってくると思うんでよいと思いますが…
当方、買う銘柄のほとんどがすぐ値下がりしますんで、大変哀しいです。
2006/04/13(Thu) 22:11 | URL  | バード #-[ 編集]
スイマセン、敬称つけてませんでした。
傷だらけの剣士さん、と訂正させていただきます。
申し訳ありません。
2006/04/13(Thu) 22:13 | URL  | バード #-[ 編集]
 グリングレーさん
なんていうか資金量のパワーですねぇ
私も半年前は今の含み益の半分しか資金がなかったんですけど・・
よくもまぁここまで来ました。。


 バードさん
どうぞお気になさらず。。
銘柄は単に時価総額の大きい銘柄です
理由は流動性があるから
売買高のランキングに出るくらいのものがベストですね

それとCCIは特にお気に入り銘柄です
なんと言っても去年の株の総利益1051万円のうちの683万円はCCIからの利益ですから
嫌でも好きになりますョ(^^)
2006/04/13(Thu) 22:38 | URL  | 傷だらけの剣士 #-[ 編集]
剣士さんコメントありがとうございます。正直ルール違反した自分に腹が立ちどうしていいかわかりませんでしたが、素直に事実として受け入れることだと思いました。自分で自分を追い込んでいるのかなって気もします。困っているときにこんな熱いコメントいただけてとても感謝しています。もう損確定しているので
寄りで売りだします。また原点に戻りルールを徹底的に守りたいと思います。ありがとうございます。
2006/04/14(Fri) 07:02 | URL  | 黒猫 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック